白馬、蘆花に入る

白馬、蘆花に入る(はくば、ろかにいる)
白い蘆花が咲き誇る中に白馬が入っていくと真っ白で馬がどこにいるかわからなくなる
でも、たしかにそこに花も馬も確かに存在している

あの人もこの人も元々は自分とは違うんだ、という意識
つい忘れそうになってしまいますが、自分と他者との違いはあって当然
そうなんだよね…

外部の人に同意を求めてるのを目の当たりにして、そんなに私を否定したいのねと、ちょっとイラッとしてしまい、自分の未熟さを反省する午後でした

日々修行
まだまだ成長の余地あり
さらに、無知の知です
[PR]
by yurari-n | 2012-04-16 20:14 | 日常

ありんこの足跡より小さな日々の記録


by yurari-n
プロフィールを見る
画像一覧