四国動物医療センター受診

e0007451_22384093.jpg

高速道路を使って約1時間。一人でわんこを連れていくのは、それはそれは大変でした(^^;
シートベルトに繋がれ身動きとれないことが嫌いで、車に乗っている間じゅうなきどおし。途中、PAで一度休憩。その後もなきどおし。
動物病院に到着し、バックの音を聞くと狂ったように(!)なく!車に放っていかれることを極度に嫌がるためです。

予約より30分程早く着きましたが、受付を済ませ待合室で待たせてもらうことにしました。
そこから待つこと1時間あまり。
長く待っても、診察や説明を丁寧にしてくださるので、多少時間がかかることは苦になりません。
これまでの経過や既往症を確認、診察したあと、検査のためにわんこだけが連れていかれました。
15分程で終了し、診察室とは別の部屋で検査のデータやパソコンを使って丁寧に説明してくださいました。
白内障は完熟期に両目ともなっている。
右の方は光に対する反射が少し弱く、手術をしても視力が出にくい可能性がある。
8歳という年齢を考えると、このままだと長いとあと7年くらいは見えないまま生活することになる。
白内障を無治療で経過した場合のリスクや起こりうる合併症について。
手術の費用について。
月に一度静岡から手術の専門医が来るので、その診察を受けたのちに手術を受けるかどうか決めてくださいとのこと。
ブドウ膜炎予防のため、非ステロイド抗炎症剤の点眼薬が処方され、診察や検査と合わせて6000円余りでした。アニコムさんの動物健保に加入していますので、半額でこの金額です。
翌週、再び一人でこの行程を往復するのかと思うと、わんこのストレスもさながら、私もかなりのストレスになるなぁと、ほんのり憂鬱ではありますが、そんなこと言ってる場合ではありません。
なんとか乗りきって頑張るのみ!
そして、手術を受けるべきか真剣に考えなくてはなりません。


[PR]
by yurari-n | 2015-04-02 19:48 | 日常

ありんこの足跡より小さな日々の記録


by yurari-n
プロフィールを見る
画像一覧