土曜日恒例、ボランティア・ヘルパー!

e0007451_14004214.jpg

土曜日の午前中二時間あまりは、義母宅で家事援助と薬の管理です。

整形外科と内科の薬はそれぞれ分包されています。内科の薬に脳外科と循環器科の薬を足して一包化し、日付を書いてお薬カレンダーに。眠前の薬は、飲みすぎたことが何度もあるため、ディサービス、ヘルパー、私が分担して毎日の日の分を手渡すことにしていますので、ヘルパーさん用、ディ用と必要分をそれぞれのお薬袋に入れて準備。

投薬してもらっているのも四科、他にはたまに眼科や耳鼻科も臨時で処方してもらうので、処方切れがないようにするのは結構神経を使います。

いつもは洗いもの溜めっぱなしを洗い、乾燥機かけっぱなしを片付けていますが、片付ける先の食器棚がパンパンで気になっていたので、夫が義母を買い物に連れ出している間に少し整理することにしました。

一人でこんなに要りますか?という数の食器。料理も最近はほとんどせず、素麺用のガラス食器やグラタン皿など、まず使うことの無さそうなものと、棚下収納の中の細々したものを2階の納戸がわりの部屋に運ぶことに。
昔人間で捨てるなんてとんでもない!な人なので、納戸も見たくないような惨状です( ;∀;)

お皿を詰められそうな段ボールを物色していると、6年前に期限の切れた味噌五キロ発見…
味噌は真っ黒。そのうちのひとつに至ってはカビが発生していました。全部分別して棄てました。

義母が亡くなったあと家中に溢れたモノたちを片付けることを思うと、今から気が滅入ります。

階段をなん往復もして、3箱整理。まだまだたくさんお皿は残っていますが、すき間は多少できました。
棚のなかにいっぱい置いてあった石灰の袋も全て処分。多分海苔に入ってたもの?こんなものをいつまでも使ったり、マーガリンの空き容器を何個も置いて使っているのは多分義妹の提案かと。わかっててもある程度は無視して片付けますが。

納得は出来ていませんが程ほどで切り上げて、あとは冷蔵庫、冷凍庫のなかの古い食材を処分。

そこへ買い物を終えた義母帰宅。
開口一番
「お仏壇の花の水かえてくれたで」
さらに
「前のヘルパーさんは来たらすぐに水かえてくれたのに今の人は ブツブツ」



お仏壇におまつりしているのはお父さんなんだからお母さんの仕事でしょう。水をひっくり返すと言うけれど、無精しないで一つずつ持って歩いて、はいこれ持っていって、と花を渡すとしぶしぶ運ぶ。
が、お仏壇に山のように食べ物をおまつりしているせいで今度はおちょこの水をひっくり返す。
お仏壇の片付けと掃除が追加されていつまでたっても帰られない(^^;

お供えをある程度隣の台に移し、お仏壇には高さのないもの少しだけにしましょうと、スッキリ整理する。

依存心の塊のような義母は、言うこととすることが全く噛み合わず、これまで義父がしてきたことは相変わらずなにもできないまま認知機能を低下させてきました。

反面教師、です。
いえ、もともとの性格もちょっと違いますが、もう少し違う年の取り方をしていきたいと思った土曜日でした。

[PR]
by yurari-n | 2015-04-18 13:29 | 認知症介護

ありんこの足跡より小さな日々の記録


by yurari-n
プロフィールを見る
画像一覧