うだつ散策と酒井敦美さん「一画二驚光の切り絵展」

一週間おくれの日記です(汗

好転に恵まれたGW後半の一日、脇町のうだつ散策へ

古い町並みはノスタルジックで不思議に気持ちが落ち着きます
が、主目的は「酒井敦美さんの切り絵展を見ること」

e0007451_15361861.jpg脇町インターを下りて南へしばし
うだつの道の駅が満車だったので、ミニストップ斜め前の無料駐車場へ車を停めていきました
e0007451_15364827.jpgほとんどが実際にまだ生活されている?のでしょうね
観光客の車の通り抜けはダメですが、住人の方や宅配業者の車が時折通り抜けます

e0007451_1540584.jpge0007451_15401987.jpg

e0007451_15403512.jpg思わず通り抜けしたくなるような路地
塀で仕切られた最近の住宅とは趣も違いますね

e0007451_15412836.jpg超特大!まつぼっくり
購入された方は何に使うのでしょうか・・・

e0007451_15421837.jpgこの時代のお医者さんは聴診器1本で診察していたのですよね
画像や血液のデータに頼る今とは全く違う診断方法・・・ある意味尊敬できます

e0007451_15435754.jpge0007451_15441644.jpg
カルテ棚と薬局
昔の薬はありがたさも違っていたのでしょうね
お医者さんにかかったり薬を処方してもらうというのは、健康保険のない時代ではきっと高かったはず

e0007451_15465240.jpge0007451_1547949.jpg
屋敷の奥の中庭も、台所も、トイレもお風呂も・・・時間の流れがゆっくりして感じます

酒井敦美さんのき切り絵展は時代屋さんの2階の画廊でありました
実は写真撮影禁止だったらしいのですが、気づかずに2枚ほど撮影してしまいました
ごめんなさい><

e0007451_15495612.jpge0007451_1550813.jpg

光を表からと裏からと交互に当ててくれるのですが、当てる方向によって1枚の切り絵が二通りの絵に変身~!
面白くてずっと見ていたい!でも室温が高くなりすぎて(この日は夏日)長くは見ていられませんでした・・・残念

四国の風というサイトに、彼女の部屋があって切り絵の変化はそこで見られます
☆あつみの部屋☆
[PR]
by yurari-n | 2008-05-11 15:58 | 日常

ありんこの足跡より小さな日々の記録


by yurari-n
プロフィールを見る
画像一覧