<   2005年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

warking tour

人はみな人生という道のりを歩いている
ただ歩いているのではなく、歩き続けている

ふうちゃんに教えてもらったflash
いろんなことを思い起こして心にジーンときました

warking tourへはこちらから
[PR]
by yurari-n | 2005-12-31 08:53 | 日常

懐かしい顔

2日前の地方紙で懐かしい顔 発見!
今日の新聞にも載っていますが 第3回徳島文学賞小説部門最優秀作品
「年賀状の波紋」

N先生は私の高校時代最後の担任でした。
ハーフの半分、クウォーターでjapaneseな顔立ちではありませんが
人との接し方も話し方も柔和で、ごくたまに語気を荒げることがあっても
担任をしていただいた1年間、ついぞ怒った顔は見たことがありませんでした。

中・高校時代の私は結構自分とばかり向き合ってる子でした。
高校時代は特に、遅刻・早退・欠席の常習犯で(罪の意識はまったくなし)
専門学校への進学を考えていたので、担任のN先生は頭を抱えていたようでした。

進学のための内申書を作成するにあたり、N先生が親心で考えてくれたことは
「下駄を履かせる」
ということでした。
背の低い子に下駄を履かせると、見た目身長が伸びたように感じるのと同じで
出席日数の少ない私のために、日数を嵩増しして書いてくださったのです。

そのときの私の反応と言えば
「はぁ・・・」
の一言だけ。ほんのり愛想笑いくらいは浮かべてたかもしれません。

N先生の優しさあふれる恩恵のおかげで無事受験は終了・・・
のはずでしたが、下駄を履かせてもらいながらそれでもまだなお
私の身長(出席日数)は足りなかったようでした。
個人面接のときに面接官にとてつもなく激しい嫌味を言われ
「受験校だったので軽い風邪でも他の人にうつさないためです」
と素の顔で答えた私も結構あつかましく図太い性格だったと思います。

そんな私を入学させたものだからその後、専門学校の先生方は
更に苦労を(←別の意味で)背負っていただくことになりましたが・・・(今では感謝しています)

N先生の息子さんは生まれ持った病気で身体に障害を負われ、昨年三十数年の
生涯を閉じられたと、これまた今年はじめの新聞記事で知りました。
そしてその息子さんとの思い出をつづられた手記も出版されているそうです。

生徒を上から見下ろすことなく対等な立場と言葉でいつも接してくれた
N先生の柔和な横顔
プライベートなことは一度も聞いたことはありませんでしたが、息子さんの重い
障害のことでさまざまなご苦労があったことでしょう。
その息子さんとほぼ同年代の私たちをどのような想いでみていたのかと
勝手な想像で心が締め付けられます。
毒にも薬にもならないタイプの先生だったと記憶していましたが
ご自分の苦労の経験からくるあの優しい横顔だったのだな、と今となっては思います。



これまでの自分の生き様を振り返ると、嫌なこと、辛かったこと、沢山思い起こされます。
その経験を私は一体どんな風に生かしてきたのだろうと思うと
ただただ恥じ入るばかりです。

N先生の「年賀状の波紋」を読みながら、沢山考えさせていただきました。
とりあえずは波紋を起こす起こさないは別に、年賀状作成に勤しまなければなりません・・・
目の前のことをひとつずつ片付ける
・・・頑張ろうっと。
[PR]
by yurari-n | 2005-12-25 18:17 | 日常

Merry Xmas☆

e0007451_2053474.jpg


街中は恋人達であふれかえってるのでしょうか・・・
何処もかしこも渋滞でした^^;

我が家の今年のクリスマスは、例年通り家でシャンパンをあけるだけ
チキンとチーズフォンデュという手抜きメニューで
食後のケーキを食べる頃にはほろ酔い加減でした

私のところにはサンタさんはやってきたことはないけれど
今年はちょっぴり嬉しいことがあったから許してあげましょう♪
でも来年は私のところにも来てね、サンタさん☆
[PR]
by yurari-n | 2005-12-24 20:57 | 日常

木の物語

きんこさん作品展が木の物語で開かれています
近所なので思いつきでふらっと・・・

e0007451_17185298.jpg


雪の名残で外の空気はほほを刺すように冷たいけれど
窓際のテーブルはお昼寝できそうにぽかぽか♪

e0007451_17205055.jpg



今日の収穫
来年度の卓上カレンダー
大好きな桜のイラストはポストカードにはなくて残念(>_<)

次の1年間もきんこさんのイラスト&ことばで癒してもらおー(よろしくです)
[PR]
by yurari-n | 2005-12-19 17:24 | Cafeな日々

高松駅前のクリスマスツリー

e0007451_17112528.jpg


e0007451_17114563.jpg



クリスマスまでいよいよあと数日!
高松駅前のツリーは寒空の下、ホットするような暖かい光を放っていました

e0007451_171277.jpg



家に帰り着く頃にはこの積雪
高速の途中からめちゃ緊張しながらの運転続きで
背中からおしりにかけて筋肉痛になったわたし・・・(情けない)
[PR]
by yurari-n | 2005-12-17 23:10 | 日常

ふれあい展

e0007451_1751229.jpg


e0007451_1753746.jpg



遅れて出勤、しかも早退
私がしたことと言えば準備でお花の飾り付けと、当日のカフェのお手伝いくらい・・・

午前中の雪交じりの雨で油断してたら、午後は思ったよりたくさんの人が来てくれて
カフェも仕事が充実していました

ボランティアの方々がいなければ成り立たない運営でしたが、お手伝いして下さった方に感謝・感謝♪
見に来てくださった方にも感謝・感謝♪
[PR]
by yurari-n | 2005-12-17 23:01 | 日常

某グループ 忘年会inクレメント

e0007451_16542093.jpg



毎年1回くらいはある、参加したくない宴会の一つに数えておこう

クレメントホテルは、今中華がめちゃイイらしい(市場のおっちゃん談)
が、この日の料理は和のような洋のようなごちゃ混ぜメニュー

中華料理のようにテーブルをくるくる回しながら取り分けていくのだけれど
この手の食べ方は、気のおけない仲間たちとに限る ということを
この日私は深く深ーく悟ったのでした

理事長に一言言いたい
「若いモンの教育がなっとら~ん!!!」

こんなこと言い出すと私もおばちゃんね^^;
[PR]
by yurari-n | 2005-12-10 22:59 | 日常

日出蔵 新メニューだ!

久しぶりにお喋りタイムへ

e0007451_16503150.jpge0007451_16505287.jpg


オープン時の特別メニューからルチーンメニューに変わって
種類もたくさんに増えていました♪

また足繁く通わねば・・・
[PR]
by yurari-n | 2005-12-08 23:45 | Cafeな日々

Ray

e0007451_0102315.gif


ソウルの神様、レイ・チャールズの波乱の生涯
盲目の天才と呼ばれる一方で、麻薬と女に溺れ、不慮の事故で亡くなった
幼き弟の幻影に悩まされ続ける・・・

e0007451_010687.jpg


成功した人達が全て輝かしい生き方をしているわけではなく
彼もまた数々の苦難を乗り越え、神様と呼ばれるようになった

e0007451_0112424.jpg


盲目になったことで授かった素晴らしい耳(聴く力)
たくさんの試練を自分の力で切り開いていくことで
亡くなった弟や母からの許しのことばを聞くことができる
彼をを縛り付けていたのは他の誰でもない自分自身だったのだろう

綺麗なだけではない 人生
これこそ人間

152分という長さを感じさせない作品でした

e0007451_015278.jpg

[PR]
by yurari-n | 2005-12-07 00:16 | DVDな日々

櫻茶屋

前の職場つながりで、知り合いの先生ご夫婦とお茶を飲みました

e0007451_16373591.jpg


天井が高くて、雰囲気はややレトロ
落ち着いて喋れるので 好きなカフェのひとつです

初めてお会いする奥様は今までお会いした“天然系”の方々の中では
トップクラス(!)
知的で専門的なことは難なくこなせるけれど
小さな事は気にしないの~ みたいな・・・

生活に余裕があるから醸し出せる雰囲気なのか・・・と思いつつ
ついユニクロづくしの自分と比べてしまいました・・・(哀)

前の仕事を辞めてから、自分にとって“本当に大切なモノ”を
ずっと考えてきたけれど、こういうところで物欲が出るとは
私もまだまだやなぁ・・・と思う今日この頃なのでした
[PR]
by yurari-n | 2005-12-03 16:30 | Cafeな日々

ありんこの足跡より小さな日々の記録


by yurari-n
プロフィールを見る
画像一覧