<   2006年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

女の薬指

人差し指より薬指の長い女性は走ったり、サッカーやテニスなど良く走るスポーツが得意


ロンドンの大学がこんな研究結果を発表したらしいです
英国の25から79歳の女性の双子607組を対象に大掛かりに調査したみたい


明らかに薬指のほうが長い私
でも走ることも出来んけど^^;

中学までだな~バレー・ソフトボール・バスケ・・・
今でもバスケのゴールをねらってる夢見るから走りたいのかなぁ
[PR]
by yurari-n | 2006-09-29 12:20 | 日常

ルパン

スービーズ公爵家で暮らすアルセーヌ少年は、泥棒である父の指示で、公爵夫人が所有する「マリー・アントワネットの首飾り」を盗み出すが、翌朝、父は死体で発見された。15年後、怪盗となったアルセーヌ・ルパンは、王家の財宝のありかを示す十字架の話を耳にする。財宝を狙う名士たちは、やはり十字架を探していたカリオストロ夫人を死刑にしようとするが、ルパンは夫人を救出し、2人はすぐに恋に落ちる(←その前の晩に15年ぶりに再開したいとこといい仲になったばかりにもかかわらず)。しかし、輝くほどの美貌を持つ夫人には、隠された顔があった。

モーリス・ルブランが1905年に生み出した世紀の大怪盗、アルセーヌ・ルパン。待望の映画化となった本作は、「カリオストロ伯爵夫人」に、「813」「奇巌城」のストーリーを取り入れ、フランス王家の宝探し、命がけの対決や情熱的な恋物語など、ロマンとサスペンスが幾重にも張り巡らされた冒険活劇となっている。劇中に登場する煌びやかな宝石の数々はカルティエの提供。特に「マリー・アントワネット王妃の首飾り」は、写真や資料を基にレプリカが製作された。監督は、『ルーブルの怪人』のジャン=ポール・サロメ。ルパンを演じるのは、絶大な実力と存在感を放つロマン・デュリス。従妹のクラリスには、『キングダム・オブ・ヘブン』のエヴァ・グリーン。カリオストロ夫人にクリスティン・スコット・トーマス、謎の男ボーマニャンにパスカル・グレゴリー
個人的好みを言わせてもらえば、ひげ跡濃い~男のひとはちょっと苦手かも(汗)

おまけだけどカリオストロ伯爵夫人の吹き替えは「峰フジコ」ちゃんの声優さんでした~。
[PR]
by yurari-n | 2006-09-26 09:38 | DVDな日々

春の雪

文豪、三島由紀夫の遺作となった「豊饒の海シリーズ」の第1作、「春の雪」を映画化した作品。

大正初期、まだ日本に華族や爵位の残る時代に、愛し合いながらも運命に引き裂かれる若い男女の姿を描いた、激しくも悲しい物語だ。


恋心を抱いたまま宮家に嫁ぐことが決められた令嬢と、恋心を認めたくないまま取り返しのつかない時期になって自分のほんとうの気持ちに気づいた彼。

逢瀬を重ねる二人・・・
当然許されることでなく、二人の密会を手助けしてきた侍女により全てを明かさせることになる。

初めて二人で「逢う」と決めた瞬間から、引き裂かれる運命以外は未来になかったはず。
苦しみが増すとわかっていても逢わずにはいられないのね・・・

原作で読めば泣ける!と思った
三島由紀夫の世界を描いた作品にしては現代劇であまりに見慣れた主人公の二人
妻夫木君が弱っていく過程で睡魔が・・・(汗)

「いまあい」の時といい、私は竹内結子と相性が悪いのかもしれない(もしくは相性がよすぎて癒されすぎて寝てしまう^^;)
[PR]
by yurari-n | 2006-09-25 07:12 | DVDな日々

in her shoes

キャメロン・ディアスは魅力的な女優だ
すばらしいスタイルと誰をも魅了する笑顔

彼女はこの映画の中では、外見はその魅力そのままに、難読症というハンディキャップのためコンプレックスを抱える妹役だ。

姉はトニ・コレット。キャメロンとは対照的に弁護士として成功を収めているが、容姿とスタイルに自信がなく恋愛もそのせいでなかなか現実のものとして上手くいかない。

破天荒でハチャメチャな生活スタイル、仕事も長続きしないキャメロンはある日とうとう継母に家を追い出され姉のところに転がり込む。毎日が問題発生の刺激的な日々(笑)

しかし姉がやっと「上手くいきかけていた」恋人にちょっかいだしてキャメロンは姉と大喧嘩(当然だと思う)行き場の無くなった彼女は、偶然、死んだと思っていた祖母が生きていることを知り、祖母の住むフロリダの福祉施設(独居老人のためのコミュニティ)に向かう。

老人の中で「浮き」まくってた彼女だが、その環境の中で自分なりの役割を次第に見つけていく。さまざまな出会い。盲目の元教授に詩を朗読することで、コンプレックスの克服にも努力する日々。


最後に姉の結婚式でのサプライズイベントとして行われたのは、キャメロンの詩の朗読だった・・・みんなの前で緊張しながら詩を朗読する彼女に胸が熱くなった。

外見はパーフェクトだけど、ハチャメチャでちょっとおばかで憎みきれない・・・こんなキャラはキャメロンにぴったりだ☆

でもおねえちゃん、付き合い始めて2ヶ月で婚約、即結婚って・・・アメリカってこんなのもなんかな~
ノリが軽く感じるのは私だけ?
[PR]
by yurari-n | 2006-09-24 10:46 | DVDな日々

フライトプラン

暇な土曜日
24~サードシーズン~を見終わってしまって手持ちのDVDがなくなったので
買い物ついでに(無断)外出して家に帰る。

いっぱいあるまだ観ていない映画の中から
・フライトプラン
・Into the sun
・in her shoes
の三枚を持って帰る(←すでに病院が住まいだ^^;)



ジョディ・フォスター扮する飛行設計士
不慮の事故で夫を亡くし、6歳の娘とともに故郷への帰路、飛行機の中で娘がいなくなる。
必死に探すジョディ。
しかし乗客だけでなく乗務員までもが娘を見ていないという・・・
そして機長から告げられた言葉は
「娘さんはご主人と一緒に亡くなられています」
騒ぎを起こして手錠をかけられたジョディ
自分の席で見つけたものは、娘が残した窓ガラスへの落書きだった!


と、ここまでは映画の予告編で何度となく映画館で見ました。
どんな謎めいた事実がこの先隠されているんだろう!?とDVDで観る日を楽しみにしていてやっとの今日です。
が、面白いのはこのさわりの部分だけだったかも・・・(涙)
先のストーリー展開がなんとなく深みがなくて薄っぺらい印象
これはきっと直前に24を観たせいで、単純なストーリー展開では満足できなくなっているに違いない。
24時間(丸一日)で普通の人が一生かけても経験できないくらいの余りに沢山の出来事が24のなかでは起こる!起こる!また起こる!そしてホッとするまもなくハラハラ・ドキドキがとまらない展開!

楽しみにしていた映画なのに、24の出来のよさを再確認する手段になってしまったことが残念です・・・

では懲りずに別の映画を観ます(^^)v
[PR]
by yurari-n | 2006-09-23 19:19 | DVDな日々

emikoの挑戦

パソコン経験はメールくらい、というemikoがブログを作りたい、と・・・

手軽に始められるもの、ということでexciteブログを薦め、早速作った!

目的がはっきりしてるから更新もきっとまめにしていけそうな気がする☆


頑張れ!emiko!
[PR]
by yurari-n | 2006-09-20 19:10 | 日常

24 シーズンⅢ

大統領候補暗殺(シーズン1)、核爆発(シーズン2)に続く新たなる恐怖は「バイオテロ」だ!
多くの人々を短時間で死に至らしめる恐怖のウィルスがロサンゼルスの街にまき散らされるのを防ぐべく、おなじみジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)が奔走するーっ!!!

2006年エミー賞最優秀主演男優賞 おめでとう!!!
e0007451_19431840.jpg

[PR]
by yurari-n | 2006-09-18 19:44 | DVDな日々

途中でいったん振り返る

昨夜遅く うすあさぎさんからメールをいただいた

手術が決まってから書き始めたTHRのブログの記事について



“術直後からしばらくの間 読むと涙が出てきます・・・”


と書かれてあった。


「術直後からしばらくの間」は、タイムリーに書くには思い出すだけでも苦しくて、1ヶ月以上たった今月になって書いた記事だ。朝一番に自分でももう一度読んでみた。・・・泣いた(苦笑)


しばらく前に記事の点検をしながらひとつずつチェックした時も、手術の直前から術後何日かの間の記事を読みながら涙が出て困った。


今だから言えることだけれど、手術をして最初の5日間くらいは余りの苦しみから逃れられるなら死なせて欲しい・・・とまで思ってたし、ベッドから離れて自力で動き始めた術後2週間までは、手術したことを真剣に後悔していた。


毎日のように苦しくてへこたれて泣いていたが、術後3日間くらいは泣いたり喋ったりする元気もなかったから、喋ろうと思ってることは頭の中で浮かぶだけで唇は動いてくれもしない。
「あぁ・・・死ぬときはきっとこんな風に苦しいんだな・・・」
と意識がゆらゆらするなかで思ってた。


ただ私のために一生懸命世話してくれたり思ったりしてくれている人たちに申し訳ない、という思いだけで「頑張らなくちゃ」と小さく気張ってたのが、今はうそのように元気になった!


生かされてるのかなぁ  と思った。


神様はその人が乗り越えられる試練を与えてくれるんだという言葉を、泣きながら苦々しく受け止めていたけれど、とりあえずは本人の薄弱な意思とは無関係に乗り越えられたのかな~


書きながら辛いこともたくさんあったけど、出来事や気持ちを記録しておいてよかったのかも・・・と始めて思えた。


みなさまに、感謝☆私は支えられて生きていられます!
[PR]
by yurari-n | 2006-09-17 19:30 | 日常

櫻茶屋で

15時に出発して櫻茶屋へ

先生と会うときはいつもここだ



櫻ブレンドと先生の野菜カレーについてたシャーベットもいただく



制服のこと、備品のこと、施設のこと

いろいろ打ち合わせ、というか相談して次は現地で会うことになる



普通、はあんまり好きじゃない二人

スムーズにコトが進むのかやや不安・・・



でも・・・

いよいよだ!
[PR]
by yurari-n | 2006-09-16 19:33 | Cafeな日々

大家のお弁当

e0007451_1771442.jpg



e0007451_1775546.jpg



グルメな友人が、料理屋さんのお弁当を持ってやってきた!

A夫婦の友人のやってる料理屋さん、わざわざ注文して生春巻きまで入ってる!

う~ん・・・お昼に食べるにしてはなんともゴージャス★

二人して食べ切れなかったことが心残り・・・


そして暇つぶしに・・・と持ってきてくれた本

「ドグパラ」

e0007451_17252068.jpg


家に戌年の息子はいるが・・・

さてどうしろと?????

犬、欲しい・・・
[PR]
by yurari-n | 2006-09-15 17:12 | Cafeな日々

ありんこの足跡より小さな日々の記録


by yurari-n
プロフィールを見る
画像一覧