<   2012年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

遺伝子

14~15年前の次男と、4~5歳の時のわたし
どうかな?
e0007451_21104117.jpg

丸顔、太めの眉、細い目
本人は昭和といって笑うだけだけど
[PR]
by yurari-n | 2012-01-28 21:08 | 日常

冬空散歩

e0007451_6172199.jpg

大寒を過ぎてすぐとは思えないようなあたたかいお散歩日和

体重が十倍はあるおじいちゃん犬に大接近されたり、ドーベルマンに飛びかかられたり、自分より小さいポメにキャンキャン吠えられたり…ルルには受難な散歩となりましたが(^o^;)
[PR]
by yurari-n | 2012-01-23 06:17 | 未分類

最近よく泣きます

去年の秋頃から、柚子みそ、柚子ジャム、カリン漬け、レモンジャム…普段あまりしないのにちょこちょこ手作りしてるのは、お料理上手な患者さんとの出会いがあったから。

やりはじめると楽しくて(笑)特にジャム作り!
おかげで恐ろしいくらいの量の砂糖が、ここ数ヵ月のうちにわが家では消費されました。冬太りにだいぶ貢献しています。

若年性のアルツハイマー病を受けとめようと努力はしても、誰にでもそうそう簡単ではありません。
不安、焦燥、悲しみ、怒り、自信喪失…様々な感情に加えて家族との関係性、家族の理解と受容、高齢者でのための様々な困難をつぎつぎ乗り越えていかなければなりません。

「アルツハイマーになったらもう生きている価値はないの?」

こんな質問に答えられるような力強さは、わたしにはありません。
手を握ってじっと耳を傾けることしかできない無力感。

認知症に関するさまざまな書籍を読んでも、関係機関に問い合わせしても、若い年代のアルツハイマーの患者さんの尊厳を保ちながらケアする手だてが見つからず、思いついたことが得意の料理の腕を活かすこと。

自ら生徒役になって、人生初の柚子みそ作りとなったわけですが…

誰かの人生の手助けをするということは、簡単ではありません。
病院からクリニックに移り、より患者さんと近い関係性になることで、あぁこんなにもみんな話を聞いて欲しかったのだなと気づかされました。コメディカルとしては不適格とわかっていながら、時には一緒に泣いたり笑ったり。感情の表現が苦手で、若い頃ロボットみたいだったわたしですが、ずいぶん人間らしくなったものだと、客観的にみてある意味感心しています(笑)
患者さんの心がほんのちょっとでも軽くなってもらえれば…そしてその喜びを分かち合いたいなぁ。

いろいろな人生に触れさせてもらって、たくさんの勉強もさせていただいて、なんてありがたい仕事でしょう!

さて明日からも、傾聴、傾聴。
一生懸命仕事に励んで雑念を追い払います。
[PR]
by yurari-n | 2012-01-22 20:44 | 日常

ありんこの足跡より小さな日々の記録


by yurari-n
プロフィールを見る
画像一覧